STAFF

社員の声

気を抜けない厳しい仕事ですが、頑張りや実績を
きちんと会社は評価・反映してくれます。
営業本部・部長杉本 洋樹

私は現在配車を担当しています。ひと口に配車といっても定期的な配送から、突発的な配送依頼や時間的にタイトな配送など、短時間で柔軟な対応が求められます。人やクルマをいかに効率良く動かせるかが売上に大きな影響を与えるため、気を抜けない厳しい仕事といえるかも知れません。グループ会社や協力会社などと連携し、相互にサポートしながら進める必要があるため、日頃から信頼関係を保つことが求められます。しかも自分が動かなければ仕事になりません。この仕事は自分との闘いと私は考えています。私は5年前同業他社からこの会社に転職しました。最初は係長でしたが5年間で部長になることができました。これはこの会社が社員個々の頑張りや実績をきちんと評価し、待遇に反映させてくれる証と思います。東札幌日通輸送はそんな会社です。

調整業務はさまざまな機能を併せて提供する
現代の流通において重要な業務です。
札幌支店・係長三浦 優

既存や新規のお客様から仕事を受注することが営業活動の中心ですが、もう一つ大事な役割があります。それは調整です。客先を訪問し、お客様の要望、配送状況、問題点、クレームなどを聞き取り、すぐに手配したり持ち帰って検討します。一方、ドライバーの皆さんからも不満や改善点、報告などを受け、働きやすい環境づくりに役立てます。これら調整業務は、さまざまな機能を併せて提供する現代の流通において重要な業務と思います。何の問題もなく予定通りに終了することが目標ですが、日々いろいろな事が起こります。現場はもちろん、私たちにも的確な状況判断と迅速な手配が求められますが、それらに円滑に対応できた時やりがいを感じます。

当社の持つアドバンテージをいかに相手先に伝えられるか、
やりがいのある仕事と感じています。
流通支店・支店長(前・営業本部・主任)清水 恒宣

営業本部に所属し、新規のお客様への営業を担当しています。主に飛び込みの営業ですが、モノの販売と違いますから事前に相手先の事業内容や輸送する商品、製品を調べ、当社の幅広い対応力をアピールすることに主眼を置いています。もちろん私自身を信頼していただく必要がありますから、先輩や同僚の協力をあおぎながら相互メリットを生み出せるよう自分の売り込みにも力を入れています。業界は今、社会の多様な要望に応えるべく、刻々と変化を続けています。柔軟な対応力、これまでの経験や実績、手配の確かさ、料金など、当社の持つアドバンテージをいかに相手先に伝えられるか、やりがいのある仕事と感じています。

仕事と家庭を両立させてずっと長く働きたいと
思っています。
営業本部 配車担当澤部 麻乃

就職活動を始める時、実は運送業は考えていませんでした。とりあえず色々な業界を知りたいと考え、たまたま最初に行ったブースがこの会社でした。その時に感じた人に優しい会社という印象が最後まで心に残って入社につながりました。就職活動を始める前、せいぜい3年くらい仕事をして結婚、退社なんて気楽に考えていましたが、会社や仕事について理解を深めるにつれ、次第に将来の自分が想像できるようになり、急に本格的に働きたくなりました。この会社は結婚後も続けて働ける環境ですから、仕事と家庭を両立させてずっと長く働きたいと思っています。

私たちの一日

Copyright (c) 東札幌日通輸送 株式会社.
All right reserved.

pagetop